ゲーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムネモシュネの娘たち 第4話「幽霊は叫ばない」

毎回、結構年月が飛んで、不老不死の人達以外はすっかり様変わりしちゃってたわけですが。
今回はどうなんでしょうか?

ってかいきなりエロwww
ヴァーチャルセックスができるシステムですね。
「RD洗脳調査室」でも似たようなモノありましたね。

「1.0」が現実で「2.0」が仮想現実らしいです。
「1.5」はどっちつかずのカワイソウな人たちのことらしいです。

俺は「1.5」じゃない!
ちゃんとリアルを生きてますよ、多分。

ってかやっぱり時間飛びすぎw
2025年とか、前話から14年たってます。
でも燐とミミは健在。不老不死ってすごいですよね。
(不老不死がいいかどうかはどうでもいいです)

そしてこの2人の掛け合いも相変わらず。
能登さんと釘宮さんの声は大好きです。
聞いてて非常に癒されます。

でも…「ウォッカって、ロシア語で水って意味だよ」(ミミ)
はちょっと聞き飽きたw


今回のストーリーは前埜輝紀がメインの話。
テルキを助けることになったリン達。

そして、やっぱり死ぬリン。
不老不死をそんなに強調しなくてもいいと思うんだけど。
これじゃリンが弱いだけに見えてしまいます。

そして、また情報屋にヤられるミミ。
ミミは百合に目覚めたのかな…(リンとは以前から絡んでたけど)
まんざらでもないように見えたのは気のせいであってほしい。
結局ミミはツンデレなのかな?w
今回のプレイは目隠し。
釘宮さんのエロボイスも悪くないけど…
観ててあんまし気分のいいものじゃないし。


まぁ、相変わらずクオリティの高いアニメです。
声優さんも頑張ってます。

それに、今回は何だか色々と含みの多い感じの話でした。
ヴァーチャルアイドルとかそれってなんて初音
みなさん、あまり仮想世界にはまらないようにしましょうwww
次回は6月1日24:00放送ですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。