ゲーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書館戦争 第5話「両親攪乱作戦」

ヒロイン、笠原の両親が笠原の仕事を見に来るってお話です。
当然、自分の立場を両親にバレると大変な笠原ですが…


笠原さん、何だかちょっとうざいですw
郁ファンの方ゴミンナサイ

しかし、相変わらず線が濃い絵ですね。
遠近感を出したいのか、人物を強調したいのか。
まぁこの絵にも慣れたし、これはこれで観やすいですけど。

結局のところ、今回は図書館隊っていうより図書館員の話だった気がします。
図書館員の仕事がそれなりによく分かる話でした。
図書館で働いてる人も大変なんだなー…ww


ってか、自分の仕事場に両親が来るのはどんな気分なんですかね。
特に親から賛成されてないような仕事とか。

デルタはそんな経験がないから分からないんですが…
自分の仕事には自信を持ちたいですね。
社会にも親にも顔向けできないようなことにはなりたくないですwww
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURL

(アニメ感想) 図書館戦争 第5話 「両親攪乱作戦」

図書館戦争 【初回限定生産版】 第一巻 郁の仕事ぶりを見ようと、両親が図書館にやってくる。戦闘職種配属を隠していた郁は、タスクフォースの面々に泣きつく。危険な仕事に断固反対の母、成長を試すような父。田舎への強制送還を阻止できるか、郁!?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。