ゲーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ラノベ)ふたかた

ふたかた (一迅社文庫 わ 1-1)ふたかた (一迅社文庫 わ 1-1)
(2008/05/20)
わかつき ひかる

商品詳細を見る

こんな可愛い子が女の子のはずがない!
…釣りかよw

5月に創刊された一迅社文庫
漫画などは以前からありましたが、少年向けライトノベルにも手を出しましたw
少女向けラノベのレーベルも立ち上がるそうですね。


さて、この作品なんですが。
死んだはずの双子の姉が、弟の体に乗り移っちゃうっていう設定は面白いんですけど…
(赤川次郎の作品に似たような設定の双子姉妹がいた気がするけど)

私は登場人物への感情移入が全くできませんでした。
読んでて理解できなかったです。
「何であんなことするかな」って何回も思いました。
仮に理解できても納得できないんです。
「気持ちは分かったけど、でも普通そんなことしないだろ」って思うこと数回。

原因は多分、
1.作者が女流作家であること。
2.ジュブナイルポルノ作家でもあること。(※)
が大きいと思われます。

1について…
男キャラの感情が全然理解できませんでした。
「ヘタレ主人公が美少女に振り回される」設定は良くありますが…
この作品では、その主人公の感情がきちんと描かれていない気がします。

2について…
あとがきで作者さんが
「ライトノベルとジュブナイルポルノの違いは”重点をキスの前に置くかキスの後に置くか”の違いだけだ」
といった感じのことを語っています。
この主張自体が間違っているとは思いませんが、
作者さんがこの通りにライトノベルを書けているとは私には思えません。

あくまで私の受けた印象ですが…
全然”キスの前に重点を置”けていない。
「重点を置くならキスまでにもっと引っ張れよ」
とか、もしくは
「キス自体に重点を置いてくれ」と言いたくなります。
重点を置くっていうのは、単に文章を長く細かく書くことではないと思います。


まぁ結論として…この作品は女性向けなんじゃないか?ということ。
私はショタもフタナリもそんなに好きじゃないので…私には合わなかった、ってことですねw


※ジュブナイルポルノ:男女間もしくは同性間、さらに人外なものとの性描写を含む、特にアニメ・マンガ調のイラストを使用した非常に娯楽性の高い小説。官能小説の一ジャンル。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。