ゲーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ラノベ)死神のキョウ

死神のキョウ (一迅社文庫 か 1-1)死神のキョウ (一迅社文庫 か 1-1)
(2008/05/20)


商品詳細を見る

「人気ゲーム「CLANNAD」の杏シナリオを担当」した人が著者ってことで、書店で見かけて興味は持ってたので。
一迅社の二冊目はコレにしました。


しかし…どんだけ「キョウ」って名前が好きやねんwww

タイトルにもある通り、ヒロインは死神であるキョウ。
登場時にパンツを見せてくれるっていうサービスぶりw
挿絵もきちんんとパンチラしてましたwww
ちなみに、この作品での死神は
「定められた死亡日まで人間を守る」
のが仕事だそうです。
勝手に予定日より早く死なれちゃうと命のサイクルが狂ってしまうそうです。
まぁ細かいことは考えないことにしますw


主人公は恭也。
小さい頃に大きな事故に遭って以来、彼の周りでは不幸なことが起こり、周りの心無い人からは「死神」と呼ばれることもあった。
何故か死神を視ることができるようです。


他にも細かい設定がありますが…
key作品によくある設定が多かった気がします。
まぁ、別に悪いことだとは思いませんし。
似たような設定の物語が存在するのはよくあることです。


ってことで設定は置いといて、登場するキャラ達に注目してみます。

ヒロイン、死神のキョウさん。
ことあるごとに恭也を斬殺(正確には殺してはいないけど)します。
それってどこの撲殺天使w
どうでもいいけど、イラストの桐野霞さんはドクロちゃんの漫画描いてますよねw
性格は、意外と黒かったり実は優しかったりツンデレだったり…
まんま杏ですねwww
大好きですw

主人公の恭也。
率直に言って、好感がもてます。
基本的に冷静で、きちんとツッコミができて、年頃の男程度に性に興味がある少年。

恭也の従姉妹の小桃ちゃん。
かわいいです。
恭也に一途なところもいいです。
ちょっとエッチな妄想をしちゃうところも好きです。
ってか「お兄ちゃん」って呼んでくれるだけでいいですwww

他にもキーとなるキャラはいますが、ネタバレはしたくないので割愛。


あと、文章について。
作者さんはあとがきで「ゲームと違って、場面とか効果音とかキャラの表情とかの描写をしなきゃいけないから難しい」みたいなことを言ってました。
ノベルには音声も背景も立ち絵もないですからねw
でも普通に読みやすかったです。
魁さんは何でもできるクリエイタさんだと思います。


まぁそんなわけで、個性的なキャラ達のドタバタコメディ(?)「死神のキョウ」。
かなり良い作品だと思います。

ぜひ読んでみてください~。



ただ、誤植はいけないと思います。
明らかに意味が通らない文章と、漢字の間違いが数箇所ありました。
いい作品だけにちょっと残念です。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。